モテテク 恋愛

マッチングアプリで女性から「いいね」を貰えるメイン画像、自撮りはNG

「マッチングアプリに登録してるけど、全然いいねを押してくれないから女性と連絡がとれない…」
「プロフィール文や好みカードを厳選して選んでいるけど、全く連絡が来ない」

マッチングアプリなのに女性とマッチングできずに悩んでいる男性方に伝えたいことはたった1つ。

メイン画像は厳選して選んでいますか?

メイン画像に最も力を入れて欲しい理由は、非言語コミュニケーションの重要性を説いた法則である「メラビアンの法則」で見た目や表情など視覚情報は、なんと55%も占めるから。

その他は言語情報7%、聴覚情報38%と言われており言語情報と聴覚情報はマッチングアプリではわかりません。そのため資格情報の55%が占める割合は非常に大きいもの。

メラビアンの法則からも分かるように視覚情報である一番最初に見る「メイン写真」のNGの写真とOKの写真を、地方在住で283いいねを2ヶ月でもらった中の中の顔面女である、ねこらのん(友人たちとの会話含む)の独断と偏見で失礼を承知で斜め上からご紹介していきますね。

マッチングアプリで女性から「いいね」が貰えない3つのNG理由はメイン写真

男性から「いいね」を貰うと、女性が真っ先に判断するのはメイン写真。

いいね履歴から男性がズラーッと並んでいて、見返す時も見るのはやっぱり写真。
写真で良し悪しが決まるといっても過言ではありません。

その理由として女性は警戒心があるため、ちゃんと顔を掲載されていない人は恐怖対象に位置づけられるからです。また多くの人を見るため写真が無い人をわざわざ「いいね」を押して、連絡をとって親しくなって写真をみるという一連の流れが非常に煩わしいから。

このことからメイン写真は重要です。

ねこらのんと友人たちと話した結果、「この写真はないよね」という話題に上がったものをご紹介していきますね。

理由①自撮りはNG

自撮りで決め顔はナルシスト感が出ていることや不自然さ、キメ顔感があるため、あまり女性ウケするものではありません。

自撮りの人って結構多いので、そういった方で「いいね」を返したことはないといった話はよくでます。写真一枚でどんな人かイメージをふくらませる傾向にありますよ。

理由②顔がはっきりわからないのはNG

顔がはっきりわからない男性も非常に多いです。

メイン画像の写真が遠すぎて顔が全くわからないものや、後ろ姿、暗くて見えない、サングラスをかけている、マスクをしている、後ろ姿の横顔、口や目にラインやスタンプを入れているものなどさまざまです。

内面重視で見てもらいたいという意思があるからかわかりませんが、男性が若くてキレイでかわいい女性を選ぶように女性も顔も重視している傾向にあります

「この人なら付き合うことの延長線上を考えることができる」という心理は奥底に眠っているので顔が分からないのは選ばない傾向にあります。

理由③景色の写真がメイン画像はNG

いくら景色がキレイでもメイン画像に顔を入れないのはNG。

自然の景色を入れるのであれば詳細プロフィールを見たくなるような、その先を期待させるようなものでないと来てくれません。景色を選びに来ているならインスタで探せばいいです。

しかしマッチングアプリでは「男女」の出会いが目的です。目的を違うとマッチングはしないでしょう。

「いいね」を貰えるためのメイン写真は?

では、いいねを貰うためのメイン画像ってなんでしょうか?

自撮りや顔が分からないものがダメなら何ならOKなのでしょうか。
「清潔感」と「誠実」そうな写真であれば、いいねを押す傾向にあります。笑顔である必要はありません。

顔がはっきり分かる自撮りではない清潔感のある写真

女性は清潔感のある人を求める傾向にあります。どんな服を着て、髪型はどうで、どんな場所を好むのかなど1つの写真だけで情報量は結構多いです。

マッチングアプリをしている女性は友人同士で「この人どうかな?」と一緒に探す傾向にあるので、1人が「うーん」と言えばスルーされてしまいます。女性は群れで情報を共有しあう生き物なので、そのバックグラウンドがあることが前提で写真を選ぶと良いでしょう。

笑顔でなくても良いので誠実さがわかればOK

浮気をしない一途な男性を求める傾向にあるため、誠実そうな写真を選ぶことがベスト。
女性と一緒の写真やパリピ感満載の写真でないものを選ぶと良いです。

いくら写真が苦手で元カノとの写真しかないからといって選ぶのはナンセンス。
昔の女性について知ってしまっても、良い結果に結びつかないから。

1人もしくは男性の友人と一緒に写っているものを選びましょう。

おわりに

ターゲット女性の年齢や性格に合わせた写真選びが大切。

例えば女性が28歳で「いいね数も200以上で適度に人気のある方」で清楚でかわいらしい表情のターゲットの場合で考えます。

20歳でプリクラのメイン画像はまず選びません。年齢的にも落ち着いていて社会経験もある中でプリクラなんて何年前にとったっけ?となるのはただ女性のほうが虚しくなるだけです。

反対に43歳でメンチ切ったようなイカツイ写真のメイン画像も清楚さと年齢にマッチしていません。

20代後半あたりだと結婚を意識している女性がほとんどで、遊び目的ではない場合が多いです。そのため「誠実さ」がわかり「清潔そうな男性」で「一緒に歩きたい」と思える男性を選ぶ傾向にあるので、気軽なアプリでさえも真剣に選んでいます。

メイン画像で「誠実さ」「清潔」「一緒に歩きたい」と思える写真は女性は前向きに考える傾向にありますよ。

-モテテク, 恋愛

© 2020 Mayu_Yamada