Web プログラミング

【もりけん塾16日目】エンジニア初心者がはじめてつくるLPの手順【2day】

もりけん塾生になって16日目のねこらのん(@nekoranon256)です。

 

今日のタスクはコレ。

 

 

今日したことをまとめていきます。

 

メールフォームでreCAPTCHA機能を取り付ける

web制作で必要なメールフォーム。

 

PHPやJavaScriptがまだ使えない状態でもGoogleのメールフォームやエックスサーバーなどにあるメールフォームを使用することが可能です。

 

しかしそれだけでは迷惑メール対策ができずどうしようか探していた所、ボットの攻撃に悩まされないためにメールフォームではreCAPTCHA機能に出会いました。

 

reCAPTCHAは以下のもののように文字や画像によって人間であることを判断しているものです。

無料メールフォームにGoogle reCAPTCHAに掲載されているキーを貼り付けて一旦迷惑メール対策をするという策に…!

 

迷惑メールに関してこれで十分かどうかわかりませんが…他にも良い方法を探しつつ…やってみようと思います。

 

メールフォームの比較

メールフォーム3つの価格をそれぞれ比較してみました。

価格 reCAPTCHA機能
エックスサーバー エックスサーバー利用であれば使用することが可能
Google 無料
formspree 無料プランも有料プランもある

それぞれ内容についてみていきましょう。

エックスサーバーのメールフォーム

 

エックスサーバーでドメインを登録している数だけメールフォームを設置することができるため、エックスサーバーのメールフォームは無料で使うことができます。

 

また広告もでないことやSSL化対応、簡単に設置することができる点がメリット

 

しかし見た目のメールフォームは可愛くはないです…笑

 

かわいくない以外にもリンクでメールのリンクを飛ばす形やhtmlコードを直接貼り付けることができないなどのデメリットがあります。

 

エックスサーバーのメールフォーム

Google

Googleフォームは質問内容を追加できることや、色を変えるなどカスタムすることが可能です。

 

アンケート内容にも使えるため多くの方が活用しています。

 

Googleフォーム

formspree

簡単におしゃれなメールフォームをつくることができます。

 

無料プラン、有料プランの違いはアドレスを登録しているかどうかやメール受信数の違い、サービス特有の迷惑メール防止があるなどの違いがあります。

 

formspree

githubをみて

もりけん塾(@terrace_tech)のgithub勉強会があったのですが参加できませんでした…

 

するとなんと…塾生のharuさん(@fuwafuwahappy)【GitHub勉強会】GitHubに草を生やす方法【day58】の記事をまとめてくださっていたので、参考にしていましたがターミナル環境の設定かな?ができておらず調べながらProgateで学びながらしていると全然今日は進みませんでした…

 

なかなか進まないな〜><

 

おわりに

分かった気になっていると進まないので徐々に理解しながらや実践しながらが前に進む‼

 

もりけん塾(@terrace_tech

Thanks:もりけんさん

 

もりけんさんの『武骨日記』へ

 

-Web, プログラミング

© 2020 Mayu_Yamada