Web プログラミング

【もりけん塾10日目】課題『JavaScript本格入門』を読む

もりけん塾生になって10日目のねこらのん(@nekoranon256)です。

 

今日のタスクはコレ。

 

の予定でしたが、

ということでタスク変更しました。

 

今日のタスク

  • webエンジニアになるまでのロードマップ作成
  • JavaScript本格入門を読む

 

不器用どころか人より理解力が遅いから少しのことを一気に集中してやってこうと思い方向転換へ。

 

手探りしながらコツコツゴールに向かって成長^^!

 

今日したことをまとめていきます。

webエンジニアになるまでのロードマップ作成

なんとかなるさ精神が強すぎて理詰めや市場調査などができていなかったロードマップをもりけんさん(@terrace_tech)がお忙しい中みてくださいました。

 

アドバイスをいただいたので内容を変更しましたが、随時調べながら変更していきます。

 

こちらもCHECK

完全未経験者のわたしがWebエンジニアになるためのロードマップ作成

続きを見る

 

 

勝手に自己評価高くなっている自分がいるので

「私は非才。平凡。不器用。」

と言い聞かせて自分の本来あるべきレベルに落とし込むことを心がけようと反省。

 

不得意だった市場調査などは徐々に慣れていくためにも毎日25分程度調べることにします。

JavaScript本格入門

紙の本を購入しました。

 

キンドルだと何ページ進んで何ページ残っているか使いこなせていないので全然進まず…

使いこなせてたら良いのですが…

 

紙の本を購入するとサクサク進みました。

 

腑に落ちて理解しているかは置いておいて。

 

演習問題など掲載されている本もあるようなのでそちらを購入して身についているかどうかを確認しようと思います。

 

JavaScript本格入門①演算子

演算子は与えられた変数/リテラルに対してあらかじめ決められたなんらかの処理を行うための記号のこと。

例えば、

  • *
  • /

などのようなものがあります。

 

この演算子には注意点が3つあります。

  1. 加算演算子(" " )
  2. インクリメント(++)・デクリメント(--)
  3. 小数点の計算(2進数の世界)

それぞれ解説していきます。

 

加算演算子の注意点

加算演算子には(" ")がつくことで数値ではなく文字のように判断され計算されなくなってしまいます。

ダブルクォートがない同士だと計算は成り立ちますが、どちらかにダブルクォートがあれば計算が成り立たなくなります。

インクリメントとデクリメント

オペラントつまり演算対象のものの前に下記のものがあるか、後ろに下記のものがあるかで計算結果が異なります。

  • ++
  • --

例えば、

X++

なのか

++X

なのかということです。

小数点の計算

2進数がベースなので小数点の計算をすると

  • 0
  • 1

しかでません。

 

そのため小数点は一度整数にしてから計算し最後にまた割る必要があります。

 

演算子の3つの注意点でした。

 

JavaScript本格入門②制御構文

プログラミングの構造は大きく以下の3つぶ分類できます。

  1. 順次
  2. 選択
  3. 反復

これらを組み合わせていく手法が構造化プログラミング。

Ifとswitch

ifは「どっちが良いかな?」というときに用い、switchは「どれが良いかな?」というときに用います。

違いは、

  • if:単純分岐
  • switch:複数分岐

つまりswitchの方が複数の分岐に扱うということ。

 

for

forは指定された回数だけを繰り返す処理方法。

そのため計算がはやいメリットがあります。

 

おわりに

ロードマップを作成して考えが甘かったなと。

 

作成している段階で気づくべきことが多くあるはずなのに抜けている点が多々あり…

 

軌道修正してくださる場があるというのは本当に心強いです…!

 

ただそれに依存せずできれば徐々に自分で見つけられるように問題解決力を養う必要があるなぁと感じた日でした。

 

今日も1日ありがとうございました^^

 

もりけん塾(@terrace_tech

Thanks:もりけんさん

 

もりけんさんの『武骨日記』へ

 

-Web, プログラミング

© 2020 Mayu_Yamada