人生

20代は遊びまわると決めた現在29歳リゾートバイターのおすすめ【30歳から成人】

こんにちは、村上春樹さんの30歳成人説に大賛成の29歳ねこらのんです。

23歳のときに、30歳までは価値観を広げるためにいろんな人・場所に行くことを決めました!

22歳までの社会を知らない私は、本当に井の中の蛙大海を知らずでした。
大海を知らないから、すごく悩んだ時期もありましたし勝手な常識に縛られていました。

でも単身で東南アジアのタイに行ったり日本でヒッチハイクをしたり…そんな世界はとってもやさしくて、広くて、良い人にまみれていて、人生なんとかなる!と悟りました。

私と同じような経験をした29歳はなかなかいないし変わっている生き方と考え方と、友人に何度も言われたのでちょっとこれまでの生き方をご紹介しちゃいます!

結論をいえば経営者に出会う率が他の人よりも多かった人生でした。IT関係や土木関係、不動産、薬剤師、医師、宝石商人、エステなどさまざま。

 

経営者がたくさん集まるセミナーに参加するも、宗教じみてて萎縮したけど美味しいものがたくさん食べれて結果ハッピー

22歳は病院で勤め、23歳24歳は監督官庁で働いた時に父の勧めで行った自己啓発セミナー。総勢200名の経営者や営業マンが参加していたちょっと変わったセミナー。とはいっても労働省(現厚生労働省)認定のビジネスキャリア制度 研修実施機関なので怪しくはないんだと思います。

しかし、ここで出会ったことや経験してきたことは非常に奇怪でした。笑
経営者ってこんなに変な人が多いんだって感じたからかな…!
みんなで一斉に何かを唱えたり、頭脳ゲームしたりしたんですけど最後の勧誘がしつこくて!笑
全員が次のセミナーに参加しなければならない強迫観念ですか?とにかくそういった類の物が苦手である種の宗教だと感じました。笑

このとき、普通の会社で勤めていたらきっと経験できないことだけど、世の中にはこういった宗教まがいのことが繰り広げられているということを知りました。

また自分と5歳しか変わらない男性が経営者として年収1億稼いでいることを知り、会社という制限された規模で働く以外にも道はあることを知りワクワクしました!

AI判定で82.3%が田中みな実アナと出たので、中の中くらいは最低ある顔だと認識しているので、ありがたいことに経営者の方に気に入ってもらえて高級なお店に何度か行けたことはとってもハッピーでした♪ただ下心満載で息遣いも「うーん」だったので非モテ男性だと認識はできました。笑

 

マクロビを学びに行き、占いに出会うもマクロビ信者に違和感を感じ離脱したおかげで占いと栄養学の相互性を見出す|同時進行で高級クラブで働いて社長の思考に触れる

私も将来食事関係でビジネスがしたいと考えるようになり、栄養学以外のマクロビオティックかローフード、ナチュラルハイジーンなどを独学で学ぶようになりました。

そして公務員試験を学んでいるときに地球を真っ二つに切ったものが、人間の細胞内にある核に似ていると気づき宇宙がわかれば本当に必要な人間の食事を知ることができる、そして反対も然りって考えるようになりました。そのため宇宙の中にある地球に住む私たちは宇宙なくして健康法は無いのではないか?と仮説が立ちました。

結果的にマクロビオティックはミクロとマクロで物事を考える陰陽論だったのでマクロビオティックを選び学びに行きました。陰陽五行は非常に深く、生きる上での学びになりました。

また食事と占いは切手は切り離せないものということを知りました。今では占いを意識して生活していませんがこの世には占いが土台で形成されていることが非常に多くあり、その魔除けとして食事などが用いられていることなどを知りました。

占いと食事は関係性が深いです。

しかしマクロビ信者という言葉を聞くようにネットでマクロビ批判が非常にすごかったことも頭に入れた状態で学んでいた私は、やっぱり宗教チックだなと感じました。笑
みなさんとても良い方でステキな方々ばかりでしたが、こう…キレイすぎると逆に怖くなる部分が見えてくるタイプだったので長居は無用だと判断しました。(私が変なんですよね…笑)

ある程度の知識を取り入れたら、次は社長になるためには社長に会いたいと考えました。手っ取り早く出会える場所は高級クラブだと結論に至ったので、少しの間だけ働きました。

社長に会えるも、「昼にあいたかった」と言われたので夜向きではないことを悟りすぐに辞めたのですが、女性が商品であるクラブは働いて正解でした。爪先までキレイにしている女性たちがとても美しかったです。

ただ、中にはお客さんをお金として見ている女性もいて人間の本性が丸見えする場だというのも知れて楽しかったです。笑

 

占いの先生に言われ東京へ行って流れに流れ、たどり着いた先がIT合宿で出会ったフリーランスと経営陣

マクロビで学んだ九星気学は占いのなかでも、初歩中の初歩だったので本格的に学びたいと考え西洋占星術いわゆる星占いを学びにいきました。とてもよく当たると評判の先生でしたが、占いを教える教わるという点に関して相性が良くなかったので結局独学で学ぶことに。

とはいってもとてもよくしてくれる先生だったので一緒に東京に行くことにしました。そこでは流れに流された人生はきっと面白いかもしれないと考えるようになり、自我を捨てました。笑

そこでたどり着いた先はITの合宿だったのです。笑
そこではフリーランスや経営者の方と出会いましたが、ITリテラシー非常に高く、全然ついていけませんでした。笑
若いのにみんなしっかりしてて賢い子が多くて、PCがさっぱりだった私にとっては近くにいるのに遠い存在。

でもそこでも経営者の何名かに丁寧に教わり、3年間噛み砕いて噛み砕いてやっと、今腑に落とせて現在に至ります。笑
このとき20代前半だったらもうちょっとはやく理解できたのかもしれませんね。笑

リゾートバイトで各地を飛び回った先で親しくなるの人はやっぱり経営陣とフリーランス

噛み砕く期間、そういえばずっと学びばっかりで全然遊んでいないことに気が付きました。

リゾートバイトをしながら各地を回る決意をし、兵庫県、北海道、千葉、広島、宮古島など点々としました。
この途中、IT関係にアンテナははり続けていたので「若者海外移住説」に興味を抱きタイへ向かったこともあります。

タイではバックパッカーやフリーランスが多くいました。
そのあと沖縄に遊びにいきましたが、ここでも経営者に会ったので自分が経営者にあいやすい体質なのか、もしくは経営者が暇なのかどちらかだということに気づくようになります。

そこで出会った経営者の方にはよくしてもらって、今でも連絡を取りながらアドバイスを貰っているので本当に良い出会いでした。

だらだら続けたITを30歳まで残り半年でやりはじめた29歳の底力

今年で30歳なので、30歳成人説にのっとりそろそろ本気を出しています。笑
一ヶ月間、ずっとPCと向き合えている奇跡と、PCの楽しさを見いだせている自分に驚きを隠せない状態です。

長いあいだ、行動し続けていろんな選択をして生きている人に会ってきました。
季節労働で生き生きとしている50代のおじさんたち、30代で年間100万未満でも余裕で暮らせると言っていた人、反対に年収億超えで旅行好きの経営者や70過ぎても農家を続けながら日本各地をキャンピングカーで回るご夫婦、10代でアメリカに飛び20代で宝石商の資格を取得し日本の宝石協会を作った人など本当に多くの生き方を見ることが出来ました。

学校という小さな枠組みで生きてきた私は本当に井の中の蛙。
大海を知ると悩みがちっぽけで、行動もちっぽけだと気づけたので、30歳からはどんな選択するかをしっかり考えることができました。

今でも悩んでいる方がもしいれば、ぜひ大海を知ることをおすすめします。
世界はとてもやさしいですよ。
ただ危険察知能力を持って自己責任で旅をしてみてください。

-人生

© 2020 Mayu_Yamada